Nagiなブログ

アートやスポーツや好きなものいっぱい!

第36回「全国都道府県対抗女子駅伝2018」"兵庫は強かった!”結果・感想

皇后杯 第36回全国都道府県対抗女子駅伝 結果・感想

昨日の雪がうっすらと残る灰色の空の中、スタートです!

f:id:nagi-arts:20180114172952j:plain

優勝候補は、ダントツで京都、それを追う兵庫か、千葉か・・・

1区(6km)

スタートでは、兵庫の田中が高校女子駅伝の時と同じく飛び出す!しかし3km過ぎで吸収され5Km近くになって熊本(矢田)・神奈川(森田)・千葉(加世田)・高知(鍋島)の4人の争いになる。京都も多い上げてくる。

〖順位〗①高知(鍋島)②神奈川(森田)③京都(筒井)

区間賞>鍋島莉奈(高知)

鍋島選手は、年始にインフルエンザにかかってしまい、出場も危ぶまれ不調を押しての出場にかかわらず、世界選手権5000mに出場という実力を発揮してみごとに区間賞獲得でした。最後の100mの強さはさすがでした!それにしても、兵庫の田中選手はいきなりの飛び出しで、すっかり顔を覚えました!でもなんとか崩れずに5位でした。

2区(4km)

500m位で、大阪(髙松 智美ムセンビ )が飛び出る。長野(和田)が16位から14人抜きで2位に浮上!熊本(吉本)と2位争いを繰り広げる。

〖順位〗①大阪(髙松)②長野(和田)③熊本(吉本)

区間賞>和田 有菜(長野

髙松 智美ムセンビ選手は中学生の時から大活躍でしたね。姉の望さんと共にごぼう抜きの印象が強いです。長野の和田選手は安定の走りで、これからも楽しみですね~。

3区(3km・中学生区間

1kmの地点で、大阪(宇野)と長野(松井)が並ぶ。群馬(不破)が10人抜きの好走をみせ、上位に迫るが3位でゴール!

〖順位〗①大阪(宇野)②長野(松井)③群馬(不破)

区間賞>不破 聖衣来 (群馬)

中学生区間は、3kmと短いのでテレビでの中継の際中継点を放映していると先頭の争いが小窓の中なので、あっという間に終わってしまう感じがします。でも、たった3キロなのに10人抜きってすごいですね。

4区(4km)

長野(松井)がタスキ渡しで次の選手と接触し、4区を走る長野(細田)が転倒。しかし、何事もなく500m過ぎでトップに立つ。その後、大阪(村尾)と2人が並走するが、2.7km辺りで驚異的なスピードで長崎(廣中)が追い上げてくる。そしてみごとに7人抜きで逆転しトップで中継点へ。

〖順位〗①長崎(廣中)②大阪(中野)③長野(細田

区間賞・区間新記録>廣中 璃梨佳 (長崎)

長崎の廣中選手、素晴らしい走りですね。去年とても印象的で覚えていたのですが、天才ランナー現れる!ってかんじでしたが、今年はフォームも改善されて天性のモノの上に実力がついて安定の走りでした。将来は日本を代表する選手になりそうです。区間記録を8秒も上回っての新記録でした。それにしても、長野(細田)が転倒した時はビックリしました!何事もなくて良かったです。

5区(4.1km)

長崎(森)が独走状態に!ますますリードを広げる。3位グループが6チーム(兵庫・京都・神奈川・静岡・長野・熊本)になるが、終盤でバラける。

〖順位〗①長崎(森)②兵庫(太田)③神奈川(吉村)

区間賞>森 智香子 (長崎) 吉村 玲美 (神奈川)

長崎の森が快調な走りで、2位グループとの差を広げて独走でした。

6区(4.08km)

中継点でのタスキ渡しの際に、高知の後続の選手がいなかった(+_+)5秒以上のロス!ここで、1位長崎(弟子丸 )に2位グループの兵庫(後藤)、大阪(竹内 )、神奈川(リンズィー ヘレナ芽衣)が追いつく。中継点では37秒差で受けたタスキを2秒差まで追い詰める。

〖順位〗①長崎(弟子丸 )②兵庫(後藤)③大阪(竹内 )

区間賞>後藤 夢 (兵庫)

時々見かける、中継点に次の選手がいないという場面。見ているこっちとしては、本当に理解ができない。必死になって走ってきた選手が気の毒でならない。「なにやってんの!」と思う。好きで遅れたわけではないのは分かっているけど、どうにかしてほしい!(これも駅伝か…)そしてこの辺りから、兵庫がジワジワと出てきましたね~。

7区(4km)

1km地点で兵庫(樽本)が長崎を抜き、1位へ!そのまま快走して差を広げる。2秒差で受け取ったタスキを27秒差まで広げる。

〖順位〗①兵庫(樽本 )②大阪(中島)③長崎(𠮷塚 )

区間賞>樽本 知夏 (兵庫)

どんどん差を広げる兵庫(樽本)に対して、アンカーに有力選手を置いているチームが何秒差ならいける!なんて解説が始まりました。京都も追い上げてきたので、この地点では、分からない攻防になってきた気配でした。

8区(3km。中学生区間

兵庫(石松)がのびのびとした走りで、ぐんぐん後続を引き離し1分05秒差をつけてアンカーへタスキ渡し!

〖順位〗①兵庫(石松)②大阪(向井)③長崎(久松)

区間賞>石松 愛朱加 (兵庫)

中学生区間では、その順位を死守するのが最善とされているが、引き離して1分以上も差をつけてのタスキ渡しは素晴らしかったです。

9区(10km)

いよいよアンカー。最長の10キロです。例年はここで逆転などがあり、混戦するのですが、今年は兵庫(福田)の安定の走りで、5㎞の中間地点で2位との差が57秒あり、危なげない勝負でした。この区間では、8位入賞争いが激しく、中間地点では福岡・愛知が8位の神奈川を追う展開でしたが、終盤で順位が入れ替わり、長野と群馬が順位を落とし入賞ならずでした。そして2位争いの京都(一山)と長崎(野上 )お互い譲らず、ゴールギリギリまで勝負が続きました!岡山の小原が素晴らしい走りを見せ、7位から4位へ!

区間賞>小原 怜 (岡山)

小原選手の走りが本当にかっこよかったです!3日前に海外から帰国したばかりという体調の中軽快な走りでした!最後に福岡(木村)と愛知(鷲見)が粘って入賞です。長野は残念ながらの9位でした。

終結

----------------------------------------------------------------
   1位  兵 庫  2°15′28″ 
   2位  京 都  2°16′41″ 
   3位  長 崎  2°16′42″ 
   4位  岡 山  2°17′00″ 
   5位  大 阪  2°17′15″ 
   6位  神奈川  2°17′23″ 
   7位  福 岡  2°17′40″ 
   8位  愛 知  2°17′44″ 
   9位  長 野  2°17′47″ 
  10位  静 岡  2°17′59″ 
  11位  群 馬  2°18′09″ 
  12位  千 葉  2°18′57″ 
  13位  熊 本  2°19′13″ 
  14位  東 京  2°19′36″ 
  15位  宮 城  2°19′45″ 
  以下結果は

www.nhk.or.jp

 「京都連覇ならず!」

でしたね。兵庫は14年ぶり、4度目の優勝でした!おめでとうございます!でも、京都は結局は2位で、安定の強さではあります。解説の方が言っていたように、レベルの高い大会でした。中学生から社会人までが一緒になり競技をするスポーツはあまりないので、面白いなぁ・・と思います(^^)/

来週は男子!楽しみです!!