Nagiなブログ

アートやスポーツや好きなものいっぱい!

ニューイヤー駅伝2018 結果・感想

全日本実業団対抗駅伝2018を見ました!

f:id:nagi-arts:20180103201001p:plain

元旦と言えば、ニューイヤー駅伝ですね!駅伝をかなり真剣に見始めてから15年位立つのですが、最初は箱根駅伝だけだったのに、長く見ていると大学を卒業した選手達が、社会人になって実業団で活躍するようになる。知っている選手が増えて来るので、このニューイヤー駅伝も見るようになる=年始の3日間は自宅に張り付け状態。なので、我家ではもうずっと三が日はどこにも行くことなく、駅伝に張り付け状態になっている次第です(^^♪

今年は、そういった意味で知っている選手が特に多かった気がします。旭化成なんて外国人選手以外はすべてお馴染みの選手でした!

総合順位
旭化成 04:52:18  
2 Honda 04:54:30  
3 トヨタ自動車 04:54:39  
トヨタ自動車九州 04:56:25  
5 富士通 04:56:53  
6  DeNA 04:59:08  
コニカミノルタ 04:59:09  
8  MHPS 04:59:10  
9 安川電機 04:59:15  
10  愛三工業 04:59:17  
11 住友電工 04:59:21  
12  九電工 04:59:40  
13  愛知製鋼 04:59:43  
14 中国電力 05:00:09  
15  日清食品グループ 05:00:54  

まずは、総合順位から!(15位まで)

旭化成強かったですね!

結果・感想

1区

服部 弾馬(トーエネック)が走り、ゴール真近でルーキーの遠藤(住友電工)に抜かれてしまい、惜しくも区間賞ならず…でした。この1区では、上野 裕一郎(DeNA)や、宇賀地 強(コニカミノルタ)も走りましたが、振るいませんでした。

2区

外国人枠。旭化成 は創部以来初の外国人キャプシスを起用し、9位と出遅れたがここでトップに立ちました。区間賞はカロキ(DeNA)強いですね。

3区

双子の兄の市田孝が、区間賞の素晴らしい走りで一時は独走態勢に…

4区

旭化成の大六野 秀畝が区間5位の走りで、区間1位になったまた双子の弟設楽 悠太(Honda)に並ばれた。この設楽の走りはフワフワしていて、それでいてスピードがあって独特で、私は好きです。大学の時よりも、安定して強くなりましたね。楽しそうに走る姿が印象的でした!

5区

そしてまたまた双子の村山 謙太(旭化成)の力強い走りは素晴らしかったです!速かったですね~!区間賞獲得でした。この村山兄弟も、設楽兄弟も華がありますよね。大学の時から本当に強かったし、目立っていました。この村山 謙太選手は2月に結婚されるとの事で、増田明美さんが解説していましたが、今回のもう一人の解説者で旭化成の総監督である宗猛氏の兄、宗 茂氏とのやり取りは面白かった。(元祖双子ランナーのお二人)なんかいつもと違いましたね増田明美さん。結構、スルーされていましたね(笑)大先輩の宗 茂氏の前では、さすがの増田さんも、緊張するのかな?逆に親しいとか…

 旭化成は再びトップに躍り出る!

6区

今度は3区を走った市田孝の弟の宏(旭化成)が登場!兄弟して軽快な走り!区間賞で独走状態に!解説の宗 茂氏によると、何人かいる双子の兄弟の中でも、この二人の仲の良さは別格とのことです。そういえば、設楽兄弟も、村山兄弟もお互いにライバル意識を持って競い合っているけれど、この市田兄弟はお互いに「活躍してくれると嬉しい」と語っていますよね~。逆にこのお互いを思いやる気持ちが、相乗効果になって力を育てているのかもしれませんね。

そしてベテランの松宮 隆行(愛知製鋼)実はこの方も、双子の兄であります。この松宮 は今年で18度回連続のニューイヤー駅伝出場です!本当に凄いです。

7区

明治大学で活躍した鎧坂 哲哉(旭化成)がアンカー区間で登場。2位上野 渉(Honda)との差1分02秒でタスキを受け取り、そのまま独走でゴール!入賞争いも混戦していましたが、神野 大地(コニカミノルタ)と松村 康平(MHPS)が抜けて入賞を果たしました。

 

旭化成、圧勝の2連覇!!

f:id:nagi-arts:20180104110649j:plain

安定・盤石の優勝でした。

この7区には、他に設楽 啓太(日立物流)、そして私が駅伝好きになったきっかけをつくった選手である佐藤 悠基(日清食品グループ)が走りました、。佐藤はまずまずの記録で区間3位でしたが、チームの成績は振るわなかったです。前田 和浩(九電工)がこのレースを持って引退されることが決まっていて、この後は(九電工女子)のコーチになられるそうです。お疲れ様でした!

試合後の村山 謙太(旭化成)が、「来年は弟の紘太と共に出場したい」と言っていました。是非とも二組の双子ランナーの競演を見たいと思います。

 

旭化成強いですね~。実業団はマラソンや中長距離と兼ねている選手が多いので、駅伝はいわば、そんな選手たちが集結する「お祭り」みたいですね(^^)/ 会社にとっては、負けられないところはあるのでしょうが、「大学駅伝」より見ている方としては、楽に見れますし、選手たちも楽しんでいるような気がします。(甘いかな…)

来年も、我家は三が日は駅伝にくぎ付けです!