Nagiなブログ

アートやスポーツや好きなものいっぱい!

”SPITZ30th ANNIVERSARY TOUR″ 、スピッツ、私も行ってきたよ!

SPITZ30th ANNIVERSARY TOUR"THIRY30FIFTY50"

7月1日から始まった、ツアーが本日の宮城・セキスイハイムスーパーアリーナをもって終了となります。最終日だぁ…

少し前になりますが、私は8月の横浜アリーナ2日目に行って来ました。

f:id:nagi-arts:20171001094640j:plain

写真下の缶バッジはガチャでGetしたもの。あまりグッズは買わないので記念にこれだけ購入しました。

スピッツってチケット取れないんですよね~💦

 

彼等がデビューした時に、私は本屋兼CDショップでバイトしていました。(そっか、あれから30年経つんだ)お店に張られたポスターを見て、ちょっと違和感感じましたね。マサムネさんがちょっとおかしい。多分、結構売れだした時で、"ロビンソン”あたりの頃だと思うのですが…曲はいいけど、メンバーがちょっと変…みたいな…?

マサムネさんの他のメンバーはやけに地味だし(ごめんなさい)

しかし、出す曲出す曲が素晴らしくて。しかも声がいい!

ミラクルヒットみたいのが、出なくなって少し遠ざかり始めた頃に、今度は娘が聴き始めたので、なんとなく途切れることなく、聴き続けています。

私のスピッツ熱が再熱したのは、ここ数年前からなのですが、きっかけはカラオケにあります♪ 改めて、気付いた「歌詞の良さ」、テロップに流れてくる歌詞が、素晴らしい!

 

ふれあう度に嘘も言えず けんかばかりしてた

かたまりになって坂道をころげてく

 

ん!「かたまり」

 やられましたね。ほんと見事です。早速、娘から全CDを借りて片っ端からきく日々!

文学的で洗練されている歌詞と、メロディーとマサムネさんの声が見事にマッチしている♡

 

通勤時、毎日のように聴いているのに全然飽きてこない。30年間、第一線で居られるわけですね~!(^^)! 

 で、スピッツの不思議なところ。

自分たちの偉大さに本人たちが、気付いていない!

横浜アリーナでやった時も、「単独ライブは初めてで、こんな所でやれるようになった」的な発言。いや、いやスピッツならドームツアー出来ますから!!田村さん曰く

「僕たちの夢は新宿ロフトに出ることだったので、結成2年で夢が叶ったので、あとは目標を失ったというか・・」それに対して、マサムネさん含む他のメンバーも頷く始末。マサムネ氏「そうだよね~。あそこで夢は叶えられたんだよね~」って・・・

 

スピッツのコンサートに行きなれている方たちは、驚かないのかもしれませんが(私はまだ数回なので)、横アリのコンサート、始まって場内モニターが無いのでビックリ!私の席は2階席のステージから一番離れている対角線上の場所。まるで、ライブハウスでやるごとくに始まったので、「うわっ!双眼鏡持って来てよかった」などと思ったのですが、後に、ステージ後ろがスクリーンになって映し出されたので、まず良かったです。(因みに、横アリでのコンサートでスクリーンないの初めてでした)

 

でも、まぁ考えるにバンドのコンサートは生の音を聴ければいいわけで、一番オーソドックスなコンセプトは本当にスピッツらしいなと思うのです。

 

以前、娘に連れられて行った「SEKAI NO OWARIなんぞは、ステージ上の木が大き過ぎて、何曲かまるまるメンバーの姿なしで演奏された事などを考えると、アイドル歌手じゃないのだから、これでいいんだ!と、思えるようにもなりました(笑)

 マサムネ氏のギャップにも、やられるわけです。歌詞では「僕」なのに。話す時は「俺」。MCも「まだまだ行こうぜ!」といきなりの男気を発揮!隣にいた娘はMCの度に

「やられた~」

と、胸を叩く始末(*^^*)

でも、気が付くと私と同世代なのですよね。無理せず等身大で続けているこのバンドは、曲もなぜか古臭くならない。ほんと、凄いですよね~。

 そして「何よりも、バンドが好き!」と言っていたマサムネ氏は、昨日のライブで

スピッツは引退しません!」

って発言したそうな…(引退なんて考えもしなかったけど)

これからも、まだまだ楽しませてもらえるよう、こちらの体力も鍛えなければ…と、思うのであります。