Nagiなブログ

アートやスポーツや好きなものいっぱい!

再びROMEへ!ローマへ!! ⑤(終)ドーリア・パンフィーリ美術館

再びROMEへ!ローマへ!!

5日目

いよいよローマ最終日になりました。

 

まだまだ行きたい所は、たくさんあるのですが・・・

 

 

 ドーリア・パンフィーリ宮殿(美術館)

f:id:nagi-arts:20170907092940j:plain

 

昨年ローマを訪れた時に、ふと覗いて「綺麗な建物だなぁ」と中庭に少し入っていた場所が、こんなに充実している美術館だとは思いませんでした。

 

イタリアって、フィレンツェアカデミア美術館もそうなのですが、外から見ると「これが美術館⁉」と思われる質素というか、誇示していないというか・・そんな美術館が多いですね。

 

このドーリア・パンフィーリ美術館は中世貴族の邸宅の一部を美術館にしたもので、現在でもお住まいになっているそうです。

16~17世紀の絵画を中心に所蔵されています。

f:id:nagi-arts:20170907094522j:plain

ピーテル・ブリューゲル 「Naval Battle in Gulf of Naples」

などもあり、とにかく壁の上まで三段にも四段にも並べてびっしりと展示されています。しかも、広いです。その他にも、ラファエロティツィアーノ、ベラスケス、リッピといった巨匠の絵が、これといったアピールもなしに並べられている。

 

これぞ究極の贅沢!!というものです!(^^)!

 

私が中でも、感動したのが、この絵

f:id:nagi-arts:20170907100045j:plain

カラヴァッジョ 『エジプトへの逃避途上の休息』です。

この部屋は、一番奥で宮殿の華やかなお部屋ではなくて、壁もコンクリートの打ちっぱなしのような、うす暗い部屋で、ともすると「もうこの奥はいいや!」とスルーしてしまいそうな場所でありまして・・朝いち行動の私達は、美術館そのものも人がおらず、ましてやこんな奥の部屋は誰もいなくて、本当に夢のような贅沢な時間を過ごしたのであります。この絵の両隣は同じくカラヴァッジョの「マグダラのマリア」と「洗礼者ヨハネ」なのであります。

 

今回の旅の私の一番の一点です!!

 

フォーリ・インペリアーリ博物館

f:id:nagi-arts:20170907101630j:plain

フォロロマーノの東側の一帯に、古代ローマ時代に皇帝達が整備した市民生活を行うための公共広場や建築物があったという所です。博物館に入るとこの広場や市場のあった歩道を歩く形になっています。コロッセオヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂とちょうど対岸になっていて、その景色は圧巻です。

 

サンタンジェロ城

f:id:nagi-arts:20170907102459j:plain

 

ベルニーニ自作2体を含む10体の天使像の彫刻で飾られているサンタンジェロ橋を渡ると、つきあたりにサンタンジェロ城があります。

 

サンタンジェロ城は、ローマ帝国の皇帝ハドリアヌスが霊廟として建設し、アントニヌス・ピウス治世に完成した。14世紀以降は歴代のローマ教皇によって要塞として強化され、また、同時に牢獄や避難所としても使用された(ウキペディアより)

 

私は、要塞色が強く、こじんまりしている形(でも小さいわけではない)のこのお城が好きです。中に入ると牢獄として使われていたと思われる房がありました。なんか、スペクタクルです。ここも、映画「天使と悪魔」の舞台になっていましたね。

 

この屋上から望む、サンピエトロ大聖堂はもちろんのこと、360度のローマの眺望はみごとでした。

f:id:nagi-arts:20170907105134j:plain

 

さて、今回の旅は終わります。

 

昨年と2年連続のイタリア・ローマを旅して、思ったこと!

何度も言っているように、無知 過ぎるのです!

 

なので、帰国後まずキリスト教についての基本的な知識を知りたいと、入門編からの本を読み始めました。それと並行して、ルネサンスも学習し直しています。そして今に至っています。

 

そうすると、こうして旅を振り返ると、行ってたのにあれも見逃した!これも見ていたけれど・・なんて事ばかりなのです。もう少し、このまま学習して

 

また行きたい!!と思っています。

 

そして余談ですが・・同行した私の娘は、私以上にずっっ~っとその気持ちが強かったらしく、なんとこの4か月後に単独でローマの旅(しかも2か月間)へと旅立って行きました!!!