Nagiなブログ

アートやスポーツや好きなものいっぱい!

再びROMEへ!ローマへ!! ③ フィレンツェ小旅行

再びROMEへ!ローマへ!!

3日目

 フィレンツェへ・・・

 

 

 前回の旅行で、開館時間が合わず入れなかったヴェキオ宮のリベンジもあり、この日はフィレンツェへの小旅行(^^♪

f:id:nagi-arts:20170903113117j:plain

前日にフィレンツェまでの高速列車(トレニタリア)のチケットを購入しておいたのですが、予定より早く起きてしまったので急遽早い時間ので行くことにして、テルミニ駅へと出発です!

 

すぐにチケットは自動券売機で変更できたのですが、見てみると二人の座席が離れてしまっている‼ しかも、3号車と10号車・・・💦駅の人に聞くと、なんかイタリア語で笑いながら、ホームへ入れと言っているような。娘は「しょうがない、別々に行くか!」と落ち着いているが、

「私はいやだ!!」と焦りまくり、少々パニック状態に💀

 乗り込む際に再び,検札の人に聞くと「大丈夫だから、適当に座れ!」みたいな反応!

 

不安のまま空いている席に座ると、なんか賑やかな団体さんの車両みたいでしたが、検札にきた車掌さんからも何も言われずに、無事に並び席でフィレンツェまで向かいました。これって、イタリア的な?みたいなんでしょうかねぇ。しかも、その団体さんのテンションの高い事!網棚の上のキャリーバッグ(それなりに大きいやつ)が揺れて落っこちてきたら、みんなで爆笑してましたが・・・いやっ‼相当、危ないでしょ(笑)

 

アカデミア美術館

f:id:nagi-arts:20170903131630j:plain

言わずと知れた、ダヴィデ像

遠くからみると頭が不自然に大きいのですが、この角度から見ると完璧ですね。

美しい・・・他にも、未完成なトルソーなどもあって、ミケランジェロの仕事がやけに生々しく感じられました。

 

サンマルコ美術館

f:id:nagi-arts:20170903113515j:plain

NHKの「旅するイタリア語」という番組で、ヤマザキマリさんのコーナーがあって、そこで紹介されていて、絶対に行きたい!と思っていました。

 

もともとは、修道院だったので2階は多数の僧房となっていた小さな部屋があり、その一つ一つの壁にフレスコ画が描かれている。という、他の美術館とは異なった美術館なのです。

上の写真は、ペアト・アンジェリコの「受胎告知」(1442年頃)でルネッサンス期におけるもっとも有名な絵画のひとつであります。

 

本当に素晴らしかった!!!

 

この他1階にも、アンジェリコの作品は多数あり、建物も中庭がありデザイン的にも素晴らしく、何度でも行きたい美術館であります。

 

メディチ家礼拝堂

f:id:nagi-arts:20170903132930j:plain

フィレンツェの最高権力者であったメディチ家。1700年代までフィレンツェに君臨してきた一族のお墓があります。1500年代、当時法王として最高のスポンサーであったメディチ家+最高の芸術家ミケランジェロが創りだした作品が、サン・ロレンツォ教会メディチ家礼拝堂にあります。

メディチ家礼拝堂 ミケランジェロとメディチ家が織りなす物語とは? | TRIP'S(トリップス)

 この真ん中のメディチさん、学生の頃にさんざん石膏デッサンで描かせられてたもの。「本物なんだ~」とやけに親近感の中での感動でした。

 

ヴェッキオ宮

f:id:nagi-arts:20170903134627j:plain 

ヴェッキオ宮殿|フィレンツェ歴史地区|世界遺産オンラインガイド

ダ・ヴィンチの「アンギアーリの戦い」がこの絵の下に隠されているなんて、ゾクゾクしますが、見てみたいですね。このあと、映画「インフェルノ」を見たのですが、行ったことのある場所が出てると、なんかワクワクしますよね!

 

今、キリスト教ルネサンスを最初から学習し直しているのですが、このフィレンツェには、ウフィツィ美術館はもちろんの事、その他の美術館・博物館も…もう一度腰を据えてじっくりと行かなきゃダメだなぁと思っています。(何しろ知識が浅かった)

 

イタリアは奥が深い!!

 

nagi-arts.hatenadiary.jp