Nagiなブログ

アートやスポーツや好きなものいっぱい!

「ジャコメッティ&ベルギー奇想の系譜」展に行って来ました。感想!

暑い日が続きます。昨日の暑さはすごかった。外はまるで室外機の熱風をそのまま浴びているようでした(´゚д゚`)

 

その暑さの中、ふたつの展覧会をはしごして鑑賞してきました。

 ALBERTO  ジャコメッティ展:国立新美術館(2017.6/14~9/4)

f:id:nagi-arts:20170826095814j:plain

 

 

 こんなに大規模な展覧会は稀ではないでしょうか・・(さすが開館10周年です)展示もスッキリしていて気持ちよく鑑賞できました。

小~さい像(3cm位)から大~きな像(3m近く)まであって、群像も圧巻でした。小さい像は、フィギュアにして欲しい位です(笑)

f:id:nagi-arts:20170826101324j:plain

大きな頭部

 

彫塑もさることながら、私は素描が好きです。ジャコメッティは彫刻家なので、塊で物を捉えている。画家とは違った観点で、形を描写しているので面白いし興味深いです。いきなり頭部だけ写実的になるデッサンなんて、ゾクゾクします。

この展覧会はもうすぐ終了してしまうので、迷ってる方は是非足を運んでみては!

  

ベルギー奇想の系譜展:Bunkamura ザ・ミュージアム(2017.7/15~9/24)

f:id:nagi-arts:20170826102142j:plain

 

最近、特にベルギーやオランダ絵画に興味を持っているので楽しみにして行きました。

ざっくり言って、少々期待はずれ感アリでした。このチラシになっている作品も純然たるボスの絵ではなく、ボス工房制作であるわけです。

 

チラシの裏にも、『ボスやブリューゲルの流れをくむフランドルの画家たちが描いた‐略-「本物」と感じさせてくれる迫真性にみちていました』と記述されているように、それ風の当時の画家たちの絵なわけです。

 

日本の美術展って、目玉の作品をバン‼と持って来てそれに関連する作品をまわりにちりばめて、一つの企画展にするというようにできていると思われるのですが・・それにしても、1500円というチケット代を払うわけですから、もう少し納得させられる作品に出会いたいと思ってしまいます。そのバン‼が私には、物足りなかった…です。

 

ただ、アンソールが好きなのでそれは嬉しかったです。