Nagiなブログ

アートやスポーツや好きなものいっぱい!

〈2017〉今年、行った展覧会! バベルの塔など、 感想①

また真夏の暑さが戻ってきましたね~💦八月に入って梅雨空の日々が、続いているのもどうかと思いますが、身体的忍耐力がない私としましては夏の暑さは応えます。というか嫌いです。冬の寒さの方がいい。

今年、行った展覧会

さて、今年に入ってから見に行った展覧会をご紹介しようと思います。行動範囲上、首都圏ばかりではありますが・・・

 

 ・「オルセーのナビ派展」:三菱一号館美術館(2017.2/4~5/21)

f:id:nagi-arts:20170824124655j:plain

 ナビ派、好きですね!特に、ヴュイヤールはあの泥絵の具のような色使いと布の装飾柄のかんじが好きです。ボナールはここ数年前からとても好きになってきました。色彩がとてつもなく良いですね。この展覧会では、ポール・セリュジェという画家の「タリスマン」という絵に強く惹かれました。この「タリスマン」という絵はナビ派の誕生のきっかけとなる重要な絵で、1888年にセリュジェがかのゴーギャンから、「自然に存在しないような色彩を用いるように」と教えを受けたことによって、ナビ派が始まったそうで、小品ながら圧巻な存在感でした。

 

f:id:nagi-arts:20170824104337j:plain

ポール・セリュジェ「タリスマン」〈1888〉

 

・「WOLS ヴォルスー路上から宇宙へ」:DIC川村記念美術館(2017.4/1~7/2)

f:id:nagi-arts:20170824125644j:plain

  このDIC川村記念美術館というのは、千葉県佐倉市にありまして、成田空港に向かう手前に表示が出てきますよね。この美術館に行くのは初めてでした。時々新聞の美術展の紹介欄などでなんとなく目にしたことはありますが、あまり気の停めていませんでした。

間違いでしたね~!素晴らしい美術館でした。

企画展はさることながら、常設の充実度の高いこと。久々に見た、ヴォルスの作品群は圧巻でした。改めてみると本当に細かいですよね。あの細い線が好きです。常設作品は、レンブラントの古典から現代まで幅広いです。マーク・ロスコの部屋や、フランク・ステラの作品をあれほどの量を一度に見られる場所はあまりないのではないでしょうか・・サイ・トゥオンブリーの展示などは贅沢そのものでした。コレクションの展示入れ替えもあるので、常設展だけで訪れる価値あり!です!

 

・「野見山暁治展―また会えた―」:木更津わたくし美術館(2017、4/8~5/5)

f:id:nagi-arts:20170824131351j:plain

 佐倉市に行ったので、ちょっと気になった展覧会に足を延ばして行ってきました。相変わらず精力的に大胆にでも繊細な色彩の作品でした。現在96歳になられるそうですが、お年を取られても、いつまでも新鮮で新しい絵画を生み出す力は圧巻です。

 

余談ですが、帰りは初めてアクアラインで海ほたるに寄って帰って来ました。GWだったので、すごい混雑・渋滞でした!

 

・「草間弥生 わが永遠の魂」:国立新美術館(2017.2/22~5/22)

f:id:nagi-arts:20170824131841j:plain

素晴らしかったですね~‼ 実は余りにも世間を賑わせていたので、行こうかどうしようかと、迷っていたのです(あまのじゃくですね笑)、草間弥生はもちろんずっと前から大好きな作家でしたが、2012年に埼玉県近代美術館で行われた展覧会に行っていたので、まぁ今回は・・と思っていたのですが、大間違いでした!行っていなかったら大後悔でしたね(-_-;)展示がまず、凄かった!

弥生祭りでした!

いいなぁ、大人も子どもたっくさん来てて、ワイワイと現代美術楽しんで!私は、本来静かに鑑賞したいので、作品の前でヒソヒソと話されたりするのが本当に嫌なのですが、この展覧会は、そんな私の心を開放してくれました。今、思い出しても楽しい展覧会でした。弥生ちゃん人形もGetしてきましたよ~♡

 

ブリューゲルバベルの塔」展:東京都美術館(2017.4/8~7/2)

f:id:nagi-arts:20170824133436j:plain

今年の目玉的展覧会でした!現在も大阪で開催中ですね。ブリューゲルは作品数も少なく、その中でも代表作の一つの来日です。人気が出るのも当たり前です。大混雑と思いきや、混んではいましたが、ちゃんと真ん前で見ることができました。それも何度も・・双眼鏡を持って来ている方がいて「なるほど・・」とも思いました。このバベルの塔だけではなくて、その他に、ボスの「放浪者」など16世紀のネーデルランドの画家たちの絵が沢山きていて楽しめました。好きなんですよ!オランダ・ルネサンス期の絵画が。近年、ますます興味深くなっています。

 とりあえず、ザックリとご紹介しました。大きな展覧会が多いので、行かれた方も多数おられると思います。

 

古典もいいし、現代美術も楽しいですね~(^^♪

 

また、後半もお届けします。